むち打ち症

追突事故等によって頸部に急激な力が加わることで起きる頸部の損傷。医学的には「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」などと呼ばれています。自覚症状が多種多様である一方で、他覚的所見に乏しいのが特徴です。長期にわたって治療が継続した場合は、事故との因果関係が争われることもあります。後遺障害等級としては、12級13号または14級9号への該当性が争われます。

法律相談をお申込みください

個人のお客様は初回無料、法人及び個人事業主のお客様は30分5,000円

TEL:0948-21-6730(相談受付時間平日9:00~18:00)

メールでのお申込みはこちら

主なお客様対応エリア

交通アクセス