RSD

RSDは、反射性交感神経性ジストロフィーともいい、交通事故による後遺障害の一種です。外傷が生ずると交感神経(自律神経)の作用により、当該部位の血管が収縮し、出血を抑えようとしますが、まれに外傷が回復した後も交感神経が亢進状態を持続したままの状態になるため、末梢の血流が阻害され、その結果、軟部組織に新たな疼痛が生じ、それが悪循環するというものです。RSDの後遺障害該当性判断においては、疼痛、腫脹、関節拘縮、骨の委縮、皮膚の変化等が指標となります。

法律相談をお申込みください

個人のお客様は初回無料、法人及び個人事業主のお客様は30分5,000円

TEL:0948-21-6730(相談受付時間平日9:00~18:00)

メールでのお申込みはこちら

主なお客様対応エリア

交通アクセス