経済的全損

交通事故により車両が損傷を受けた場合に、当該車両が物理的・技術的に修理可能であったとしても、修理費が事故当時の車両価格及び買い替え諸費用の合計額を上回るときには、経済的全損となります。経済的全損の場合、当該車両の所有者は、修理費を請求することはできず、事故当時の車両価格及び買い替え諸費用の合計額を請求することができるにすぎません。なお、事故当時の車両価格については、レッドブックの価格やインターネット等で市場価格を調べた上で、事故車両と近い状態の車両をもとに判断することになります。

法律相談をお申込みください

個人のお客様は初回無料、法人及び個人事業主のお客様は30分5,000円

TEL:0948-21-6730(相談受付時間平日9:00~18:00)

メールでのお申込みはこちら

主なお客様対応エリア

交通アクセス