後遺障害による逸失利益

交通事故によって、被害者の身体に後遺障害が残り、労働能力が一定期間減少することで、将来発生すると認められる収入の減少のことをいいます。具体的には、被害者の事故前の収入(基礎収入)に、後遺障害による被害者の労働能力の喪失の程度(労働能力喪失率)を乗じ、その状態が継続する期間(労働能力喪失機関)の年数に応じて中間利息の控除を行って算定することになります。

法律相談をお申込みください

個人のお客様は初回無料、法人及び個人事業主のお客様は30分5,000円

TEL:0948-21-6730(相談受付時間平日9:00~18:00)

メールでのお申込みはこちら

主なお客様対応エリア

交通アクセス